ハニーココ 産後

ハニーココは産後に飲んでもよい?

ハニーココは産後に飲んでもよい?

 

ハニーココはプエラリアミリフィカやイソフラボンなどの植物エストロゲンが豊富に含まれているほかに、美容成分やダイエットをサポートする成分も含まれているので美しい女性らしい体を作るの効果的サプリメントです。

 

ハニーココにはDとWという2種類の異なる成分が含まれたサプリがあり、それぞれ目的に合わせて選ぶことができます。

 

ハニーココそれぞれの特徴

Dには、メリロートエキスやコレウスフォルスコリなどのすっきりボディに導いてくれる成分が多く含まれており、Wにはコラーゲンペプチドやプラセンタ、コエンザイムQ10など美肌に効果のある美容成分が含まれているのでどちらのサプリを摂取しても女性の魅力をアップすることが期待できます。

 

そして、2種類のサプリには共通してプエラリアミリフィカやイソフラボンなどのバストアップに期待できる有効成分が含まれているのでどちらを選んでも確実に胸を大きくすることが可能といえるでしょう。

 

このように、女性のダイエットや美容効果を高め、バストアップに期待ができるハニーココですが、妊娠中は基本的に摂取ができないことになっています。

 

ハニーココの産後の影響

妊娠中はどんなことが体に影響するのかわからないことと、ハニーココに含まれる成分が体内の女性ホルモンの活動を活発化しすぎてしまうことから体調を崩す恐れがあるので妊娠中の摂取は好ましくないとされています。

 

ハニーココは産後に飲んでもよい?

 

ただ、産後であればハニーココの摂取は問題ないとされていますが、それでもいつ摂取してよいのかわからない人も多いことかと思われます。

 

産後直後は、まだ体内のホルモンバランスが安定していないことと、授乳中であるためハニーココを摂取することでその成分が母乳に移行して赤ちゃんの体内に入ってしまうことも考えられます。

 

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ内臓も未熟であり、大人に取ったらどうってことのない量でも赤ちゃんには致死量となることもありますので、授乳中も摂取は控えたほうが良いといえるでしょう。

 

産後3ヶ月がホルモンバランスの落ち着く目安

妊娠、出産後、授乳期間を経てから3か月もすればホルモンバランスも落ち着いてきますし、そのころになると生理も再開して通常の生理周期に戻っている時期です。

 

その頃になればハニーココを摂取しても問題のない時期となりますので、体の様子を見ながら摂取していくことをお勧めします。

 

女性は妊娠、出産を経験することで自分の体の変化を感じ、妊娠前のような体でなくなることに焦りを感じてしまう人も少なくないと思われます。

 

そのため、なるべく早いうちからハニーココの摂取を始めてダイエットや美容効果を実感したい人もいるかと思われますが、焦りは禁物です。

 

まずは赤ちゃんを無事に出産してしっかりと授乳をすることが最重要課題といえます。

 

ハニーココは、ダイエットや美容効果が高い成分なので産後授乳期間が終わってからでも十分に効果が期待できますので、妊娠、出産、授乳期間はまずはダイエットや美容のことはお休みして体の状態がいつもの状態に戻ってから摂取するのが望ましいといえます。