ハニーココ 授乳中

ハニーココは授乳中も飲んでOK?

ハニーココは授乳中も飲んでOK?

 

ハニーココと言えば、胸を大きくする効果を持つサプリとして若者を中心に話題となり、雑誌などでも数多く取り上げられています。愛用している女性も、妊娠中はさすがに赤ちゃんへの影響が心配で飲むのを控える人が多いのですが、ここで気になるのが出産後ならもう赤ちゃんはお腹にいないため、飲むのを再開しても良いのかという点です。もともとハニーココは自然由来の成分がメインなので、身体に優しいイメージがあります。産後のシェイプアップやお肌の回復などにも効果があるとされているので飲みたいと思っている人も多いでしょうが、もし産後であっても授乳をしている場合は飲むのを止める必要があります。

 

ハニーココは授乳中は控えた方がよい?

ハニーココの公式サイトでも、妊娠中や授乳中の女性は服用を控えるように勧められています。

 

身体に悪い成分が使用されているということは決して無いのですが、配合されているプエラリアミリフィカやキャンドルブッシュなどの成分は赤ちゃんへの安全性が確認されていません。妊婦さんや赤ちゃんを使って検証するわけにもいかないため、念のために使用しないほうが良いとされているのです。

 

そもそも母乳の材料は、ママの血液や水分です。ママが飲んだり食べたりしたものは、食後一定の時間血液中に成分が漂っています。そこから母乳が作られてしまうと、成分が入ったものを赤ちゃんが飲んでしまうことになります。ハニーココの成分がメリットとなるのは、身体の大きさや機能が十分に発達した大人の場合です。小さな赤ちゃんはあらゆる器官が未熟で、しかも人間のホルモンに近い働きをするハニーココの成分が体内に入ってしまうとどのような影響が出るか分かりません。しかも、大人であっても人によっては下痢や月経不順などの副作用が出る可能性もあるものなので、赤ちゃんには大きな脅威となります。このため、母乳を通して赤ちゃんへ移行しないように、授乳中の使用は控えるように勧められているのです。

 

ハニーココを飲むのであれば授乳が終わってからにしよう

ハニーココを飲みたい場合は、赤ちゃんへの授乳が終わる卒乳や断乳を待ってからにしましょう。通常、授乳が終わるとママの体内では女性ホルモンの分泌が徐々に減少し、妊娠前の状態に戻っていきます。この過程でバストがしぼんでしまい、妊娠前より小さくなったり形が崩れてしまう人も珍しくありません。こんな時こそ、女性ホルモンに似た働きでバストアップ効果を得ることができるハニーココの出番です。

 

授乳中はダメでも、もちろん赤ちゃんが母乳を飲まなくなれば問題ありません。卒乳後約3ヶ月ほどでママのホルモンバランスも落ち着いてくるので、そのくらいの時期にハニーココを飲み始めるのがおすすめです。授乳中はもともと女性ホルモンが活発に分泌されているため、ハニーココを飲むと女性ホルモンが過剰になって身体に悪影響が出る可能性が高くなります。

 

このように、赤ちゃんの健康に影響が出るのをふせぐためにも、ハニーココは授乳中は飲むのを控えるようにしましょう。

 

⇒ハニーココの私自身の口コミ!