ハニーココ 妊娠中

ハニーココは妊娠中に飲んでもよい?

ハニーココは妊娠中に飲んでもよい?

 

女性にとって、胸が小さいということは大きなコンプレックスだと言えます。最近はこういった女性のために、バストアップ効果が期待できるサプリメントが数多く販売されていますが、その中でも人気が高いものの一つとしてハニーココが挙げられます。

 

ハニーココは身体に優しい天然由来の成分を主に配合しており、人気モデルがプロデュースしていることもあって安心感もあります。プエラリアという女性ホルモンに似た働きを持つ成分が胸の脂肪細胞を活性化させ、結果的に胸を大きくする効果があるとされています。

 

ハニーココの妊娠中の影響

ハニーココのようなサプリメントを飲んでいる女性が妊娠した場合、そのまま飲み続けても良いのでしょうか。一般的に、妊娠中は医薬品などの使用に注意するように医師からも指導されます。これは、妊娠初期の赤ちゃんは急激なスピードで成長しているため外部からの影響を受けやすく、薬の強い成分などで奇形が生じる可能性が高いためです。

 

実は、サプリメントであるハニーココも妊娠中は飲むのをやめておいた方が良いとされています。薬ではないのに控えないといけないの?と疑問に思う方もいるでしょうが、ハニーココは女性ホルモンに影響する成分が含まれているため、赤ちゃんにとって絶対に安心だとは言い切れないのです。

 

ハニーココのプエラリアの効果

ハニーココに含まれるプエラリアという成分は、エストロゲンという女性ホルモンと似た働きをします。エストロゲンは妊娠すると非常に多く分泌されるようになるため、サプリメントでも摂取してしまうと体内に過剰に存在するようになってしまうのです。

 

女性の体はホルモンによる影響を非常に受けやすく、生理前などバランスが崩れる時期にはイライラしたり頭痛がするなど様々な症状が現れる人も多くいます。生理前でもこのような状態なので、さらにホルモンバランスが急激に変化する妊娠中に、さらにバランスを崩すようなことをするのはおすすめできません。

 

妊娠中に女性ホルモンの量が多くなりすぎると、身体は異変を感じて不正出血をしてしまったり、子宮内膜症を発症してしまうリスクが高まるのです。

 

プエラリアの赤ちゃんへの影響

しかも、影響が出るのはママだけではありません。ママは胎盤という組織でお腹の赤ちゃんと繋がっていて、ママが食べたもの飲んだものの栄養が胎盤を通して赤ちゃんに送られることになります。

 

つまり、ママがハニーココを飲むと、そのホルモン成分が成長途中の赤ちゃんにも移行してしまうのです。赤ちゃんは通常レベルの女性ホルモンであれば問題はありませんが、過剰な濃度のまま受け取れば成長に影響が出たり、最悪の場合心臓が止まってしまう可能性もあります。

 

こういったリスクがあるため、妊娠中はホルモンに影響するハニーココは避けた方が安心です。心配しなくても、妊娠すればホルモンの関係で胸が自然にどんどん大きくなっていきます。出産して授乳を終えると萎んでしまうことが多いので、その時にハニーココを再開すれば、赤ちゃんへの影響もなくバストアップの大きな味方となってくれるでしょう。